『本って本当に楽しいね!』児童書読書記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 『すばらしきかな、人生!』ジミー・ホーキンズ あすなろ書房

<<   作成日時 : 2008/12/20 03:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

すばらしきかな、人生!四歳のトミー坊やは、クリスマスパーティーの最中、壁が熱くなっているのに気がつき、火事になるのを防ぎます。七歳のトミーは、奥さんを亡くして元気のないガウアーさんに、一人ぼっちの婦人、デイビィスさんを紹介し、二人のキューピット役となります。九歳のトミーは新聞配達をしている最中に、具合の悪いカーターさんのために人を呼んで助けます。こうして優しいいい子に育ったトミーですが、11歳の時、募金で集まった80ドルを無くして途方にくれ、「ぼく、うまれてこなきゃよかった!」とまで思い詰めます。そこに天使が現れて、『トミーが生まれていなかったら世の中がどうなったか』を見せてくれます。
ストーリーの語り手として冒頭から登場する「見習い中の天使」は、トミーを無事助けることができたら昇給するらしく、この辺りも素敵なエッセンスになっていて、天使のことをあれこれ想像すると、自然に顔がほころびました。

名作映画「すばらしきかな、人生!」http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%A0%E6%99%B4%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%8D%E5%93%89%E3%80%81%E4%BA%BA%E7%94%9F!の主人公は大人でしたが、この本「すばらしきかな、人生!」の主人公は子供です。作者のジミーさんは、四歳の時に映画版で子役トミーを演じた俳優さん。映画封切60年を記念して、「感動を再現」すべく執筆したそうです。映画もこの本も、『自分の命が今まで出逢った人々の人生に大きくかかわっている』ことや、『自分はかけがえのない存在である』ことを深く感じられるお話です。帯にも書かれある『人はみな、誰かを支え、誰かに支えられて生きている』ことがすーーーっと心に沁みて、うるうる、涙ぐんでしまいました。



にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『すばらしきかな、人生!』ジミー・ホーキンズ あすなろ書房 『本って本当に楽しいね!』児童書読書記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる