アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「漆原智良」のブログ記事

みんなの「漆原智良」ブログ

タイトル 日 時
『ぼくと戦争の物語』漆原智良・著 フレーベル館
『ぼくと戦争の物語』漆原智良・著 フレーベル館 本書『ぼくと戦争の物語』は、東京大空襲でご家族を亡くし、戦争孤児となってしまわれたご著者・漆原智良先生が、ご自身の戦争体験をもとに紡いでくださった御本です。戦争のあった時代の子供たちの日常と想いが、まっすぐ、心に響いてきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/16 02:04
★お知らせ★平和への祈りをこめて『東京の赤い雪』舞台公演・2012年8月4日(土昭島市民会館大ホール
★お知らせ★平和への祈りをこめて『東京の赤い雪』舞台公演・2012年8月4日(土昭島市民会館大ホール 平和への祈りをこめて「東京の赤い雪」舞台公演 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/11 00:46
『童話のどうぶつえん』漆原智良・文 いしいつとむ・絵 アリス館
『童話のどうぶつえん』漆原智良・文 いしいつとむ・絵 アリス館 小さなどうぶつえんでにんきのどうぶつもいない。でもおきゃくさんによろこんでもらいたい園長さんがおもいついたのは…。 ←データーベースより ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/15 03:39
『生きる力がわく珠玉の言葉 つらかんべぇ』漆原智良 今人舎
『生きる力がわく珠玉の言葉 つらかんべぇ』漆原智良 今人舎 「つらかんべぇ」(立松和平の父)「くじけないで!」(柴田トヨ)「なにくそ!」(壺井栄)「夢を追い求めよ」(植村直己)など 勇気・元気・希望のわく珠玉の言葉の奥に潜んでいる真実を、エッセイ風にまとめあげた異色の本!←帯文章より ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/19 01:40
『偉人たちの少年少女時代 全3巻』 漆原智良・作 ゆまに書房
『偉人たちの少年少女時代 全3巻』 漆原智良・作 ゆまに書房 ヒーロー、ヒロインたちの子ども時代に焦点をあてた初の偉人伝。 数多くある「伝記」とは異なった視点で、子ども時代に焦点を当て、本当にあった出来事を2,3とらえ、そこに情景や行動の描写、会話などを想像し、欠点を含めて人間的に偉人を紹介します。 学校の朝読書に最適。一人の人物を三章に分け、各1章がそれぞれ約5分で読み終えるように編集。朝の読書時間中に1編が読み終えるようになっています。 どこで生まれ、少年少女時代をどこで過ごしたのか、わかりやすい地図入りです。 いつごろの人なのか、同じ時代に活... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/06 00:15
いのちを守り人権について考える 口演と講演の会 『東京の赤い雪』漆原智良・作
いのちを守り人権について考える 口演と講演の会 『東京の赤い雪』漆原智良・作 あんなに暑かった残暑も、いつのまにかすっかり秋らしくなって、我が家の前の田んぼも黄金色〜な今日この頃。昨年の今頃、福生の文化会館に『東京の赤い雪』公演を観劇しに出かけていたなぁと、想いを秋の空へ(*^^*)。 今年は、 10月11日(祝)、羽村市ゆとろぎ・小ホール(PM2時半開場)にて、『東京の赤い雪』ダンスパフォーマンス朗読劇の公演が催されるほか、10月16日(土)芳賀町民会館ホールにて開催される『いのちを守り人権について考える 口演と講演の会』で『東京の赤い雪・口演が上演される予定です!... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/09/29 01:29
お知らせ・ご案内『東京の赤い雪(漆原智良・原作)』公演・9月27日・福生市民会館大ホール
お知らせ・ご案内『東京の赤い雪(漆原智良・原作)』公演・9月27日・福生市民会館大ホール 漆原智良先生の実体験を描いた『東京の赤い雪』公演、いよいよ今度の日曜日に迫ってまいりました。 今頃、ダンスと朗読で『東京の赤い雪』平和への祈りを伝えようと、関係者の皆様はじめ、若い世代の皆様が、汗と涙の舞台大詰め稽古をされていることと思います。私もアマ活動とではありますが演劇をかじる身、皆様の頑張る姿を想像しただけで目頭が熱くなってしまいます。当日、たくさんの方々が観に来られ、平和のハトが会場から飛び立っていきますよう、祈っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/09/22 01:33
『東京の赤い雪』漆原智良 フレーベル館 
『東京の赤い雪』漆原智良 フレーベル館  東京の赤い雪 (子どもに語りつぐ口演童話)太平洋戦争のさ中、東京の空襲が激しくなり、少年は、親もと離れて縁故疎開をしました。雪の降りつもる疎開先での暮らしは、それは辛い過酷なものでした。ある日、耐えに耐え、耐え切れなくなって弱音をもらす少年を心配して、父親が会いにきてくれました。そして、「東京の赤い雪はひとの命をうばうが、白い雪は冷たいだけだ」と、少年を励まして東京に戻りました。そして迎えた3月10日、東京大空襲……。  今からちょうど64年前の3月10日、東京大空襲で父を、家族を失ってしまっ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 0

2009/03/10 17:21
『小さな動物公園のアイデア園長 羽村市動物公園物語』漆原智良 学研
『小さな動物公園のアイデア園長 羽村市動物公園物語』漆原智良 学研 2002年7月、羽村市で、市による動物公園園長の公募があり、見事、新園長となった赤尾さんは、60歳になるまでの人生経験をフルに生かしたアイデアと熱意で、寂れていく動物公園を活気みなぎる動物公園へと大変身させました。その模様が、登校拒否になった少年が動物と触れ合うことで元気を取り戻したなど、あたたかなエピソードを交えて記されたノンフィクションです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 6

2009/01/23 23:06
『日本の名作案内 小さな文学の旅』漆原智良 金の星社
小さな文学の旅―日本の名作案内漆原 智良Amazonで詳しく見る by G-Tools日本の名作文学が、21編、各作品のストーリーだけでなく、作者の生い立ちやエピソードを交えて、分かりやすく親しみいやすく紹介されています。 「坊ちゃん」「たけくらべ」「耳なし芳一の話」「野菊の墓」「清兵衛と瓢箪」「羅生門」「高瀬舟」「友情」「一房の葡萄」「赤いろうそくと人魚」「海神丸」「伊豆の踊り子」「銀河鉄道の夜」「泣いた赤おに」「路傍の石」「おじいさんのランプ」「ビルマの竪琴」「夕鶴」「二十四の瞳」「あすな... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/21 19:30
『ふるさとはヤギの島に 八丈小島に帰りたい』 漆原智良 あかね書房
『ふるさとはヤギの島に 八丈小島に帰りたい』 漆原智良 あかね書房 今から三十年前に、全国で初めて全員島外移住を余儀なくされた島、八丈小島を訪れる。ヤギの群れの住む無人島と化した島にのこる文化遺産や、素朴な島民の温かい人間交流の事実をさぐり、島を離れた人達の胸中に迫る。 ↑データーベースより ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/06/16 00:37

トップへ | みんなの「漆原智良」ブログ

『本って本当に楽しいね!』児童書読書記録 漆原智良のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる