『本って本当に楽しいね!』児童書読書記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 『オリバー、世界を変える』クラウディア・ミルズ作 渋谷弘子・訳 さ・え・ら書房

<<   作成日時 : 2011/12/05 17:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

本物の望遠鏡で本物の宇宙が見たい。なんでぼくだけ宇宙合宿に参加できないの?惑星からはずされた冥王星みたいじゃないか。どうしたら両親にわかってもらえる、この気持ち?オリバーは夢をかなえるために大きく一歩ふみだした。 ←データーベースより

オリバー、世界を変える!
オリバー、世界を変える!クラウディア ミルズ 菅野 博子

さえら書房 2010-12
売り上げランキング : 41302


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


私事なのだけど、ずいぶん前、初めてPTA役員をして、広報委員になったとき、今までずーっと同じパターンで作られたPTA広報を、ちょっと変えて、写真オンパレードのページと、六年生一人一人の将来の夢一覧ページを作ったことがる。新しいことをするのって、前例がないから、それが良い結果になるか、苦情が来るか、わからない。予算をもらうのだって、いままでになかった枠をつくってもらうわけだから、会計係さんにも、ひと仕事してもらわなくちゃならない。でも、こうしたら、もっとよくなる!と思ったら、やってみなことには、なにがどうでるかわからない。で、役員メンバー協力し合って決行したのだけれど、たったこれだけのことに、ものすごーく勇気が必要だったのを覚えている。その時に、最後まで邪魔した感情が、「何かあったときの責任」という、ようは、「失敗して怒られたらどうしよう」っていう、実に小っちゃいものだったんだなぁ。
オリバーが、夢をかなえるために大きく一歩をふみだしますが、登場人物のこどもたちに、大人お私が、勇気をわけてもらったような気分です。
オリバーに自分を重ねて、じぶんだったら……もしくは、今の自分は……と、いろいろなことを考えさせられました。もしかしたら、オリバーの第一歩の邪魔をする可能性がいちばんたかいのは、「怒られたらどうしよう」と自分を守ろうとする大人かもしれない、そんなことを思いました。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『オリバー、世界を変える』クラウディア・ミルズ作 渋谷弘子・訳 さ・え・ら書房 『本って本当に楽しいね!』児童書読書記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる