『本って本当に楽しいね!』児童書読書記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 『まつり』いせひでこ 講談社

<<   作成日時 : 2011/08/21 02:49   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「日本の心」を描く、いせひでこの新境地 日本にやってきたパリの植物学者を、少女さえらが案内する。行く先は地元のお祭り。準備の風景や、山車のみごとな装飾に、期待は高まる。そして祭がはじまった-
たいこの音が、どろどろどこどこ、ひびきわたる。つぎつぎと屋台の提灯に、火がはいる。わらわらと、灯りをもった子どもたちが集まってくる―。 ←内容紹介・データーベースより

まつり (講談社の創作絵本)
まつり (講談社の創作絵本)いせ ひでこ

講談社 2010-11-11
売り上げランキング : 385756


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


もうすぐ夏休みも終わりに近づいてきましたねぇ(涙)。えっと、今年も我が家は八木節&花火の、祭り、祭り、祭りづくしの夏でした先日、篠笛奏者(祭り限定)の旦那さんが、大鼓・小鼓をたたくことになって、急きょ、ホームセンターで竹を購入。彫刻刀とカッターで削ってバチを作ってました。そのとき、思い出した御本が、こちらの「まつり」です。
「大きな木のような人」で、しっとり木の命を感じさせてくれた、さえらと先生が登場。心にしみわたる水彩画と文で、にぎやかなまつりの中に生きている命を感じさせてくれます!
木の命で山車やバチが作られ、牛の命で太鼓が作られる(太鼓の皮は牛さんです)。そこに奏者の手がそえられる。だから、響き渡る音は、「まさに命の音」なのですよね。

大きな木のような人 (講談社の創作絵本)
大きな木のような人 (講談社の創作絵本)いせ ひでこ

講談社 2009-03-19
売り上げランキング : 40381


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




みんな、宿題おわったかなぁ〜。もし、読書感想文が苦手で、いよいよ追いつめられて(苦笑い)何を読んでいいかわからなかったら、短編の集まっている本や、今まで読んだことのある本で、思わず「これ、面白いよ!」と誰かに話したくなる本、これなら、時間がなくてもいけるかも!楽しんで頑張ってくださいね〜。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『まつり』いせひでこ 講談社 『本って本当に楽しいね!』児童書読書記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる