『本って本当に楽しいね!』児童書読書記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 『つぽい』ピーター・レイノルズ・文 なかがわちひろ・訳 主婦の友社

<<   作成日時 : 2011/02/03 01:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「正しい絵」「正しい作文」って、なんだろう? 世の中には「正解」があることなんて、少ないんだ。人気作家レイノルズから子どもたちにむけた、暖かいメッセージ絵本。―――絵をかくことがだいすきな男の子ラモン。でも、ある日、ラモンは、自分がかいた絵がなにを描いたものかわからないと笑われてから、思いのままに絵を描けなくなる。なんとか「正しい」絵をかこうとするのだけれど、うまくかけなくて、ついには絵をかくことをやめてしまう。けれど、そんなラモンの絵を、「なにかがちゃんと伝わってくる」から好きだといってくれる妹のおかげで、「正しい」絵を描く必要などないことに気づき、また自分の思うまま、自由に絵や文章をかいていけるようになる。世の中に「正解」があることなど少ないのだし、「ものほとはかくあるべき」という価値観にこだわることはないという普遍的なメッセージを、人気作家レイノルズが、子どもたちにやさしく語りかける。大人のせまい価値観にとらわれることなく子どもを見てあげてほしいという、親に向けてのメッセージ絵本でもある。
↑内容紹介より

っぽい
っぽいピーター・レイノルズ なかがわちひろ

主婦の友社 2009-03-25
売り上げランキング : 90078


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


読後、まだ小さかった頃の自分と、創作捜索迷路にいる今現在の自分が、「きゃー、そうそう、そうだよねーーー」と手を合わせて喜んでいる気分で、ぱちぱち、手をたたいてしまいました〜(*^^*) 
「つぽい」で、私も世界を丸ごと味わってくらしたいものです〜〜``r(^^;)ポリポリ
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『つぽい』ピーター・レイノルズ・文 なかがわちひろ・訳 主婦の友社 『本って本当に楽しいね!』児童書読書記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる