『本って本当に楽しいね!』児童書読書記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 『のっぺらぼう』杉山亮・作 軽部武宏・絵 ポプラ社

<<   作成日時 : 2011/01/29 21:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

のっぺらぼうの「おばけ」は知っていても、のっぺらぼうの「お話」は、いかがでしょうか?日本で古くから語り継がれてきたおばけたちですが、すっかり戯画化してしまっていませんか?本作は、「おばけ話のスタンダードを子どもたちに伝える」がコンセプトの新シリーズ第一弾です。おばけ話は、ただ恐がらせるためだけのものではなく、人間への戒めや教訓といった、大切なメッセージもこめられています。さらに杉山亮流・おばけ話は、読んだ子どもが、安心して夜には眠りにつけるようにも工夫してあります。またストーリーテラーとしても活躍中の杉山氏による文章は、軽妙な語り口で、読み聞かせにもぴったり!そんな文章と、軽部氏の迫力の絵が相俟って、恐さ、異様さはもちろん、懐かしさ、温かさ、ユーモアがあふれる一冊になっています。
↑内容紹介より

のっぺらぼう (杉山亮のおばけ話絵本)
のっぺらぼう (杉山亮のおばけ話絵本)杉山亮 軽部武宏

ポプラ社 2010-07-07
売り上げランキング : 349893


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「怪談ストランシリーズ」や「学校の怪談」をはじめ、たくさんの怪談ものシリーズ出版されていますが、どれも子どもたちに大人気です。読み聞かせでおじゃましたクラスの子どもたちに「どんな話が聞きたい?」と聞けば、「怖い話〜〜」と帰ってきます。うんうん、気持ちは良くわかります、大人だって、怖い話、実は好きだったりするんですもの``r(^^;)ポリポリ。でも、まさか、朝の「これから元気に一日を過ごせるように〜」と願う時間帯に、怖い話ばかり読むわけには……。
で、私はいつも、夏場と、三学期の学年の終わりに、子ども達の希望第一優先!と称して怖い話の絵本を選びますヽ(*^^*)ノこちらの『のっぺらぼう』、読み聞かせの会で、おすすめの絵本の紹介にあげられたのをきっかけに読んでみた一冊です。
最初、表紙のお顔が、ちょっと怖く感じて「大丈夫か、自分?」と思ってしまったのですが(^▽^;)、読んでみたら、本当に本当、内容紹介にもあるように、ほどよく怖くてほどよく不気味で、でも、ちゃっと安心できる!の、うれしい怖い話の絵本でした!怖い話の絵本を探しているお母様いらっしゃいましたら、是非、読んでみてください〜ヽ(*^^*)ノ
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『のっぺらぼう』杉山亮・作 軽部武宏・絵 ポプラ社 『本って本当に楽しいね!』児童書読書記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる