『本って本当に楽しいね!』児童書読書記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 『かみなりじいさんとぼく』みぞぶちまさる 講談社

<<   作成日時 : 2011/01/29 01:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

猫のタマと暮らしているかみなりじいさん。いつもはこわいのに、今日はヘンだぞ…。庭の柿の木を中心に、時代とエピソードが巡る、昭和の物語。5歳から。
↑データーベースより

かみなりじいさんと ぼく (講談社の創作絵本)
かみなりじいさんと ぼく (講談社の創作絵本)みぞぶち まさる

講談社 2010-10-29
売り上げランキング : 381941


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


私の子ども時代も、悪いこと・危ないことをすると、親だけでなく、そばにいた大人がちゃんと叱ってくれた。子どもだった私は、うるさいなー・おっかないなーと思ってアッカンベーって、やっていたんじゃないかな、多分(^▽^;)。でも、子どもは皆で育てるのが当たり前の、人情深きよき時代。そう、この御本に出てくるかみなりじいさんと子ども達のように。
……と、懐かしさにひたりながら読みました。
そして、ラストページに綴られた
『おじいちゃんにも ぼくたちみたいな こどもの ころが あったんだね』
の文章に、「そうなのだ、おじいちゃんにもおばあちゃんにも、だれにでも、子どもの頃があったんだなぁ。それを知ることは、感じることは、想像することは、子どもたちにとって、欠かすことのできない宝物なのだなぁ」と、しみじみです。(*^^*)
読み聞かせで読もう!!と思ったら、今週はインフルエンザ騒動で読みきかせなし。ああ残念!次回こそ!

それにしても、今は、大人が子どもを叱るのに、ずいぶんと勇気が必用になってしまたなぁ……。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『かみなりじいさんとぼく』みぞぶちまさる 講談社 『本って本当に楽しいね!』児童書読書記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる