『本って本当に楽しいね!』児童書読書記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 『レッツとネコさん』さく:ひこ・田中 え:ヨシタケシンスケ そうえん社

<<   作成日時 : 2010/07/20 00:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

レッツは5さい。レッツが3さいのころを思い出す。レッツにとって、それは、むかしむかし、おーむかし。どんな思い出ばなしかな?『お引越し』の著者、はじめての幼年童話。
↑データーベースより

レッツとネコさん (まいにちおはなし―レッツ・シリーズ)
レッツとネコさん (まいにちおはなし―レッツ・シリーズ)ひこ・田中 ヨシタケ シンスケ

そうえん社 2010-07
売り上げランキング : 199236

おすすめ平均 star
starひこさんの大ファン

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いっや、もう、驚きました。五歳児のレッツにとって三才だった頃のことは、「むかしむかし、おーむかし」なんです。こんなこと、私、考えたことも思ったこともなかったです。思わず、息子の育児時代を思い出して、「そうだよ、そうだよ、三歳児と五歳児じゃ、ぜんぜん違う!この二年でものすごく成長してた!五歳児からみたら三歳の頃って、むかし、むかし、おおむかしだよ!」って、ポンっと手をたたいてしまいました。
三歳の頃のレッツの家に、ネコがやってくて、ネコの名前が決まるまでが描かれているのですが、その道中、「うっわ、そうだよ、三歳の頃だったら、きっと、こんな風に考えたり思ったりするよね!えーー、どうして、作者のひこさん、ここまで三歳児の気持ちがわかるの?」と感激の連続でした。
きっと、読者の子供たちは、等身大のレッツくんに、「あ、これ、ぼくのことかなぁ」なんて思って嬉しくなるだろうし、ちょっと大きくなった子供たちなら「そうだ、そうだ、そうだったな」なんて思って笑顔になるんじゃないかしら。
「お母さん、お父さん、お子さんをひざの上に乗っけて、お布団の中に川の字になって、『レッツとネコさん』を読んでさしあげてほしいなーー、そうしたら、小さな人と大きな人が友達になれること間違いなし!」と、強く思った素敵な一冊でした!


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ



にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『レッツのふみだい』ひこ・田中・作 ヨシタケシンスケ・絵 そうえん社
読書タイムの五年生の男子生徒さんが、ぷぷぷっと吹き出していたので、なんの本だろうと覗いてみたら、「レッツのふみだい」こちらの御本だった。「わかる、わかるよ、ぷぷぷっとふいちゃうその気持ち!!」と、大きな声で声をかけたくなって、我慢するのがしんどかった(笑)だって、ずばり、踏み台の呼び名が「ゴキブリ」なんだもの!いや、五歳のこどもなら、レッツと同じように、踏み台にゴキブリって、名前を付けるかもしれない。 でも、児童書って、児童の本だけど、大人が書いているんだなぁ。 レッツ読書中の生徒さん... ...続きを見る
『本って本当に楽しいね!』児童書読書記録
2011/11/25 23:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『レッツとネコさん』さく:ひこ・田中 え:ヨシタケシンスケ そうえん社 『本って本当に楽しいね!』児童書読書記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる