『本って本当に楽しいね!』児童書読書記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ちいさいモモちゃん1おばけとモモちゃん』松谷みよ子・文 中谷千代子・絵 講談社

<<   作成日時 : 2010/05/18 00:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

モモちゃんはおばけが欲しくて、十円を握ってお化けを買いに行きました。でも、どこのお店にもおばけはいません。すると、ドドーン、モモちゃんの目の前に一軒の家が現れ、火の玉が浮かんでいました。さてさて〜〜〜。

復刻版 ちいさいモモちゃん(1) おばけとモモちゃん (講談社の創作絵本)
復刻版 ちいさいモモちゃん(1) おばけとモモちゃん (講談社の創作絵本)中谷 千代子

講談社 2003-04-02
売り上げランキング : 113174

おすすめ平均 star
star懐かしい(^o^)
star昔懐かしい、中谷さんの絵!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

モモちゃんが生まれたのは、夏でした。青い空に、お日さまがぴかぴかひかって、あんパンみたいな雲が、いっぱいとんでいました。ネムの花が、もも色にさいていました。『ちいさいモモちゃん』の誕生から40年、日本中の親子に愛されつづけてきたおはなし。幼児から。
↑データーベースから

まったくの余談ですが、子供の頃、私の誕生日プレゼントは、決まって父の選んだ本で、確か、記憶に残る最初の誕生日プレゼントが、モモちゃんシリーズでした。
小さい頃の記憶って面白いもので、話のストーリーは忘れていても「モモちゃん」の世界で楽しんだことだけはしっかり覚えていて、その後、大人になる今の今まで、本屋さんや図書館で「モモちゃん」を見かけると、「あ、モモちゃんだ」と、にんまり、嬉しくなるのでした。
あの幼い日の私は、もう立派なおばちゃんになりましたが、今も「モモちゃんだ!」と嬉しくなると同時に、本をプレゼントしてくれた父のことを思い出すのであります。
幼い頃に出会った本は一生の宝物だと、しみじみ感じる「モモちゃん」シリーズ。これからも末永く読み継がれてほしいです。

モモちゃんとアカネちゃんの本(1)ちいさいモモちゃん (児童文学創作シリーズ―モモちゃんとアカネちゃんのほん)
モモちゃんとアカネちゃんの本(1)ちいさいモモちゃん (児童文学創作シリーズ―モモちゃんとアカネちゃんのほん)菊池 貞雄

講談社 1974-06-27
売り上げランキング : 8324

おすすめ平均 star
star覚えてた通りでした
starわたしの一生のたからもの
star目覚ましをセットして

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


モモちゃんとアカネちゃんの本(2)モモちゃんとプー (児童文学創作シリーズ モモちゃんとアカネちゃんの本 2)
モモちゃんとアカネちゃんの本(2)モモちゃんとプー (児童文学創作シリーズ モモちゃんとアカネちゃんの本 2)菊池 貞雄

講談社 1974-06-26
売り上げランキング : 16295

おすすめ平均 star
star片付けをしていて、出てきた随分前に買った童話です
star親になって読んでみると・・・・・。
starやっぱりこの挿絵!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


モモちゃんとアカネちゃんの本(3)モモちゃんとアカネちゃん (児童文学創作シリーズ モモちゃんとアカネちゃんの本 3)モモちゃんとアカネちゃんの本(3)モモちゃんとアカネちゃん (児童文学創作シリーズ モモちゃんとアカネちゃんの本 3)
菊池 貞雄

講談社 1974-07-04
売り上げランキング : 18807
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ちいさいモモちゃん1おばけとモモちゃん』松谷みよ子・文 中谷千代子・絵 講談社 『本って本当に楽しいね!』児童書読書記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる