『本って本当に楽しいね!』児童書読書記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 『氷石』久保田香里 くもん出版

<<   作成日時 : 2010/02/04 20:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「これがほしいの」宿奈がさしだした手の上に、千広が売った小石がのっていた。「疫病に効くとか大神のご加護とか、全部、空言なんだぜ」「知ってる。それでもかまわない。つるつるしていて、まるで水晶みたいでしょう。水晶のこと、氷石ともいうのだって…」ひたむきさを失いかけた少年に訪れる、天平九年の夏の出会い。
  ↑データーベースより


氷石 (くもんの児童文学)
氷石 (くもんの児童文学)
くもん出版 2008-01
売り上げランキング : 512801

おすすめ平均 star
star疫病に効く呪符
star平安時代の生活が目に浮かんでくる

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



疫病に脅かされる天平9年、父は遣唐使として日本を出て長い間帰ってこない、母は、父を恨むでなく畑仕事にせいをだし、疫病で亡くなった。ひとりぼっちの少年千広は心を閉ざし、誰にも頼らず生き抜こうと、河原で拾った石を売る。その千広の心に光がさしこみ、未来へと歩み出すまでが描かれているのですが、父、母、いとこ、恋、助け助けられた人間模様、そして、字、文字、木札……、ぐんぐん惹き込まれて一気に読みすすめました!!遣唐使の活躍した天平時代の魅力の深さが感じられて、物語を楽しみつつ、歴史にも興味がむくむく〜〜。6年の息子も読んで、読後、「これで終わり? このあと、でないの?」と、続きが読みたいと申しておりました。絶対おすすめ!!の一冊でした〜。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『氷石』久保田香里 くもん出版 『本って本当に楽しいね!』児童書読書記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる