『本って本当に楽しいね!』児童書読書記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 『パラリンピックがくれた贈り物』佐々木 華子・著 メディアファクトリー 

<<   作成日時 : 2009/11/02 21:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

ある日突然、それまでの人生を変えてしまった事故や病気。挫折と障害を乗り越え、見事、アテネパラリンピックへの切符を手にした有力選手6人の感動のノンフィクション。日本パラリンピック委員会公式図書。
    ↑ データーベースより抜粋

第1章 本当の笑顔を取り戻すまで-佐藤真海さん(走り幅跳び)
第2章 「誇り」を持っていたくて、選んだ道-土田和歌子さん(車いすマラソン)
第3章 二度目のパラリンピックに挑む『車いすのJリーガー』-京谷和幸さん(車いすバスケットボール)
第4章 幾多の逆境を乗り越えて夫婦で目指す金メダル-鈴木ひとみさん(射撃)
第5章 健在!女子車いすバスケットのパイオニア-塚本京子さん(車いすバスケットボール)
第6章 シドニーの覇者、再びアテネで金を狙う-河合純一さん(水泳)
資料 アテネパラリンピックで日本人選手が参加する競技       

パラリンピックがくれた贈り物
パラリンピックがくれた贈り物
メディアファクトリー 2004-08
売り上げランキング : 92083

おすすめ平均 star
star感動

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本日、学校で『人権講演会』があり、講師に塚本京子さん(先生)がお見えになりました。
塚本京子さんは、高校生の時に車の事故で脊椎を損傷して車椅子生活となってから、車椅子バスケットに励まれ、歴代のパラリンピック日本代表選手・チームキャプテンを努められました。
今日は、心に残る数々の講話のあと、実際に車椅子バスケットの実技を見せて下さいました。六年生の選抜メンバーは、塚本さんの指導の下、車椅子バスケット用の車椅子にすわり、ドリブルやシュート、対戦試合を行う機会に恵まれました。
塚本さんと生徒さんのお姿を拝見しながら、障害について考えるとともに、しみじみ、人間っていいな、人間って優しいな、強いな、と思い、しらずと元気もりもり、私も頑張ろう!っと思いました。
『パラリンピックがくれたた贈り物』の御本(第五章に塚本さんの記事があります)に登場する六人の方々の人生、多くの方々に、読んでもらいたいと、心から思います!



にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
バンクーバーオリンピックが終わって・・・
バンクーバーオリンピックが終わりましたね。日本は銀メダル3つに銅メダル2つでしたよね。世界の大舞台にたってメダルをとるというのは凄いですね! ...続きを見る
コジブラのブログアフィリエイトで月収を超...
2010/03/01 17:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『パラリンピックがくれた贈り物』佐々木 華子・著 メディアファクトリー  『本って本当に楽しいね!』児童書読書記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる