『本って本当に楽しいね!』児童書読書記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 『なきすぎてはいけない』内田麟太郎・文 

<<   作成日時 : 2009/06/06 21:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

なきすぎてはいけない (えほんのぼうけん3) (えほんのぼうけん 3)もうこの世にいないおじいさんが、おじいさんの死を知らずに、おじいさんの帰りを待っている孫・男の子に優しく語りかけます。「なきすぎてはいけない」。

おじさんの声が、いつしか、死別して、もう会えなくなってしまった優しい人たちの声と重なって聞こえてきて、泣きすぎてはいけないけど、泣けてしまいました。暖かな涙でした。
「なきすぎていけない」、このひと言に込められた想いは、きっと、生きている全ての人の心に伝わって、伝わり続けていくのではないかなぁ、と、静かに、深く、思った一冊です。

6年の次男坊が、音読の宿題の一冊として、私に読み聞かせてくれました。
全然、内容について知らないまま、「絵本なら短くてすむ」といった理由で、テーブルに置かれていた「なきすぎてはいけない」を手にとって読みはじめました。最初、どこか、なにかを感じてか、照れ隠しのように「ハチ公か!」とふざけていましたが、読み進めるごとに声が小さく穏やかになって、読み終えて、ひと言、「くすぐったいね」と言いました。「くすぐったい」。この言葉に込められている想いの中に、最近、体調を崩している次男坊の祖父の顔もあるのかなぁ、なんて、ちょっととしみじみ、「うん。そうだね。くすぐったかったね」と返事しました。
忘れられない一冊になりそうです。


なきすぎてはいけない (えほんのぼうけん3) (えほんのぼうけん 3)
なきすぎてはいけない (えほんのぼうけん3) (えほんのぼうけん 3)たかす かずみ

岩崎書店 2009-05-21
売り上げランキング : 21683


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『なきすぎてはいけない』内田麟太郎・文  『本って本当に楽しいね!』児童書読書記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる