『本って本当に楽しいね!』児童書読書記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 『エリカ 奇跡のいのち』ルース・バンダー・ジー/文 柳田邦男・訳 講談社

<<   作成日時 : 2009/03/20 20:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

エリカ 奇跡のいのちナチス・ヂツが多くのユダヤ人を虐殺した時代の1944年、生まれてやっと2・3ヶ月の赤ん坊が、強制収容所に向かう汽車から放り投げられました。赤ん坊の両親が、死に向かう汽車から、生に向けて、祈りをこめて我が子を放り投げたのです。赤ん坊は、心ある人に拾われ、心ある人に預けられ、エリカと名づけられました。大人にとっては、一目でアウシュビッツを思い起こせるだろうリアルな描写の表紙にはじまる、実話を描いた絵本です。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
数年前、釧路市での集いで柳田さんのお話を聞き、そのとき購入しました。てもとにある大切な一冊です。
ありちゃん
2009/03/20 23:38
わあ、ありちゃん、ありがとうございます!「エリカ」の御本の終わりにある柳田さんのお言葉に、心がじんわり。私も柳田さんのお話をいつか聞けたらいいなぁ。沢山の方々に、奇跡を生み出す人間の真心が伝わるといいなぁ、と思います。
のんびりノンおばちゃん
2009/03/21 21:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
『エリカ 奇跡のいのち』ルース・バンダー・ジー/文 柳田邦男・訳 講談社 『本って本当に楽しいね!』児童書読書記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる