『本って本当に楽しいね!』児童書読書記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 『風のラヴソング 完全版 (講談社青い鳥文庫 271-1)』 越水 利江子 講談社

<<   作成日時 : 2008/06/11 23:56   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 4

風のラヴソング 完全版 (講談社青い鳥文庫 271-1)なんとなーく、こう、本の世界にどっぷりつかって、しばらく気分フワフワ、ぽーっとすることってないですか? 
私はあります。
この『風のラヴソング』を読んだ後は、まさにそんな感じでした。
「 この本、面白かった? どうだった?」
と聞かれても、目に見えない風、つかめない風の形を説明できないように、どう言葉にしていいかわからなくて、
「とにかく、すごくいい本だから、読んで、読んで、読んでみれば分かるヨォ〜」
としか言えず、読後、なかなか感想が書けないでいました〜。
どこか、母親の子守唄の声を聞きながら安心して眠り、朝目覚めると、前日のもやもやした気持ちが知らないうちになくなっていた幼い日を思わすこの感動を、
どう言葉にしたら上手く伝えることができるのでしょう!?


物語は、父と兄と別れて新しい家族と暮らすことになった少女『小夜子』を中心に、小夜子の兄、小夜子、小夜子の家族、小夜子の友だち、小夜子の子供、小夜子の子供の友だちの織り成す八つの短編連作です。

第一話めのタイトル『ふわり ふわり』の『ふわり』とした優しい感覚が、私の手を取って、物語の世界へと導いてくれました。

悲しみやいろんなことを抱えたまま日々を暮らす、登場人物のさまざまなエピソードが、静かに、丁寧に綴られ、『人』が生まれながらにして持っている愛情を感じさせてくれました。
そして、知らぬ間に、私の心の奥に確かにある、暖かな優しい宝石の存在をも感じさせてくれました。思い出させてもくれました。この宝石は、きっと、今までの人生の中で出会った方々から戴いた愛情の数々なんだろうなぁ。

大人も子供も、日々の自分に自信がなくなった時とか、なんとなーくつかみどころのない不安に包まれそうになった時に、この本に出会えるといいな、と心から思った一冊です。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『風のラヴソング』
『風のラヴソング』 著 者: 越水利江子 出版社: 講談社 発行年: 2008年 ...続きを見る
会社ともおの読書日記
2008/06/12 13:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
利江子さまのブログより来ました。
ホント、凄い読書量に圧倒されました。
yesnid(虹乃)
2008/06/12 12:48
yesnid(虹乃)さま、
季節風でご活躍中のyesnid(虹乃)さまですね(*^^*)
ようこそおいでくださいました。コメント、感謝です。ありがとうございます。
もし気に入った記事がございましたら、御本、読んでくださいませ。よろしくおねがいいたします!
のんびりノンおばちゃん
2008/06/12 22:56
はい。この本は読みましたよ。
yesnid(虹乃)
2008/06/17 14:25
よかったです〜。また季節風大会などで、本と創作の話をいろいろさせてくださいね。
のんびりノンおばちゃん
2008/06/18 22:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
『風のラヴソング 完全版 (講談社青い鳥文庫 271-1)』 越水 利江子 講談社 『本って本当に楽しいね!』児童書読書記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる