『本って本当に楽しいね!』児童書読書記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 『月下花伝―時の橋を駆けて』 越水 利江子 大日本図書

<<   作成日時 : 2008/06/09 00:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

月下花伝―時の橋を駆けてまず最初に、「きゃあ、素敵〜。なんてかっこいいのぉ〜」と黄色い(?)悲鳴をあげちゃう表紙の麗しい美青年剣士!この表紙を見たら、もう買うしかないでしょ、読むしかないでしょ!
そして、ページをめくると、
幼くして両親を亡くし剣士の祖父に育てられた姉妹、祖父の死と思い出、新撰組、古流剣術、映画界、女優、新撰組ドラマのスタントウーマン、高校中退、映写機の中から現れた青年剣士、やくざもんの男優、などなど、
これでもかというくらい、興味しんしんになるキーワードが満載。
「きゃあ、素敵〜」と表紙の魅力から読み始めた御本、読み進めるごとに、人一人ひとりの人生についてや、登場人物と自分自身の生き方について、命の連鎖、新撰組の主要人物や歴史についてなど、深く考えさせられたり学んだりの御本でした。
読後、「続きが早くよみたいなぁ」と思うと同時に、自分の十代、二十代、三十代の頃を思い出し、作品さながら、時を越えて記憶のタイムスリップを楽しみました。
登場人物の一人ひとり(悪役は?ですが)のイメージが、表紙の麗しい剣士の姿と重なってしまうのは、私だけでしょうか。これ、重要なような気がします!


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『花天新撰組 君よいつの日か会おう』越水利江子 大日本図書
花天新選組―君よいつの日か会おうalign="left" vspace="100" hspace="100"前編『月下花伝―時の橋を駆けて―』で、現代に現れた沖田総司と出逢った少女、秋飛は、祖父から受け継いだ剣の技を見込まれ、剣士としての女優業をして暮らす一方、年に一度の、沖田総司の一般参拝可のお墓参りに上京するなど、同じ剣士として触れ合う沖田の魂を感じて過ごしていた。そんなある日ある時、秋飛は、幕末の世界にタイムスリップ。新撰組隊員の一人として生きることに……。突如、男となった秋飛は、男... ...続きを見る
『本って本当に楽しいね!』児童書読書記録
2008/07/10 00:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『月下花伝―時の橋を駆けて』 越水 利江子 大日本図書 『本って本当に楽しいね!』児童書読書記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる